Kazuの自由に生きる道

オーストラリアのワーホリ情報を発信していきたいと思います。シドニー、ケアンズ、アサートン、カナナラ kazufumi.tsujita@gmail.com

仕事終わりました

こんにちは。かずです。

 

 

最近、って言ってもちょっと前ですが僕の部屋のルームメイトががらっと変わり、僕以外みんなドイツ人になりました笑。ドイツ人7人と住んでます。しかも僕の部屋は僕とドイツ人の女の子3人のハーレム状態。

 

もう1個の部屋は男3人と女1人なのでそこの女の子と変わっても全然良いんですが、何も言ってこないし、部屋の荷物も移動させるのがめんどくさいのでまぁ良いかという感じです。

 

部屋のみんなも気にしてないみたいだし。 日本ではまずこんなのありえないけど、ヨーロッパとかでは普通なのかな。

 

ただ下着とかその辺に普通に置いててまぁそれは良いんですけど、たまに帰ってきたら僕のベッドの上にあったりしてそれはちょっと困るよね。どうしたら良いのこれみたいな笑。

 

 

孤立感は少しありますけど、みんな良くしてくれるしドイツ人英語うまいから悪い環境ではないかな。

 

 それにしてもこんな中で自分よく平気でケロッと住んでるなぁと最近思いました。

 

オーストラリア来た頃は、同じ部屋で人と住むとか無理と思ってシドニー郊外のシングルルームに住んでた自分が、今や女の子3人と一緒の部屋で寝てるっていうね。 だからって何かあるわけでもないですけど笑。

 

 

 

 

続いて仕事の話。

先週の金曜日で今まで6か月間やってきたクリーニングの仕事が終わりました。ほんとはもっと長く働きたかったんですが、ワーホリビザは1つの会社で6か月までしか働けないという制限があるので泣く泣く辞めることに。

 

 

でもほんとにここで働けて良かったです。環境も給料も全てが良かった。

最初入ったときはこんなガチのクリーニングの仕事すると思ってなくてびっくりしましたけどね笑。

 

 f:id:kazu_t828:20170313230731j:imagef:id:kazu_t828:20170313230813j:imagef:id:kazu_t828:20170313230841j:imagef:id:kazu_t828:20170313230923j:imagef:id:kazu_t828:20170313231012j:image

仕事場の風景 

 

 

朝5時に家出て夜9時半に帰ってくる生活はまぁまぁしんどかったけど

 

ボスや他の部門のオージーとの会話は英語が鍛えられたし、同僚は陽気で毎日笑って楽しかったです。昼飯のときはみんなスペイン語話すんでずっと1人でスマホつついてましたが笑。

 

ないと思うけどいつかシドニーに戻ってきたらまたここで働きたいですね。

 

 

ちょっとシャレにならない事故も起こしてボスや他の部門の人達に迷惑かけたこともあったけど、今となっては良い思い出、、、、、でもないか汗。

これについてはまた機会があれば書きます。

 

 

 

さてこれからまた仕事を探さないといけないわけですが、ビザがもうそんなに長く残ってないので雇ってくれるところがあるかどうか。

 

 

これからどうなるのか乞うご期待。

 

 

では