読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kazuの自由に生きる道

オーストラリアのワーホリ情報を発信していきたいと思います。シドニー、ケアンズ、アサートン、カナナラ kazufumi.tsujita@gmail.com

シドニーでの仕事探し。とりあえず仕事決まりました

こんにちは。シドニーで就活中のかずです。

 

前回のブログの更新からCar washの仕事のトライアルとコリアンレストラン、ホテルの面接に行ってきました。順番に書いていこうと思います。

 

 

まずはCar wash。先週の土曜日、朝8時半からCar washの仕事のトライアルがありました。

 

 

着いてから、インド人っぽいスタッフの人に「トライアルで来たんですけど」と言うと、「あそこにマネージャーがいるから」と言われ、マネージャーのところに。

 

 

仕事の説明をされてから、ユニフォームに着替えてさっそくトライアルに。ずっとサッカーやってたせいか、ユニフォーム着るとちょっと気分高まるんですよね笑。これからみんなで頑張るぜみたいな笑。

 

 

行く前は車洗うぐらいたいしたことないだろうとか思っていましたが、仕事始まって数分で、、、なにこれ意外にしんどい笑。というのも、ものすごい数の車が絶え間なく流れてきて、手を休めてる暇がないんです。基本的に利き手の右手しか使わないから、開始1時間ぐらいで右手パンパン。

 

 

最初は洗剤の付いた車を、スポンジでこすって汚れを落とす仕事を泡まみれになりながらやり、そのあと、洗い終わった車を布で拭いて水滴をとるポジションに移動。

 

性格的にどうしても丁寧にやってしまうせいで、ボスからは「もっと早く!こんな感じに、、、。そんなに丁寧にする必要はないよ!」と言われ、ものすごくスピードを求められました。ただ、たまにどう考えてもこれ全然洗えてないでしょっていう車もあって、まぁそういうのもオーストラリアっぽいですね。

 

 

スタッフは15人ぐらいで、全員がパキスタン人でした。丁寧に仕事を教えてくれて良い人たちばかりでしたね。みんな僕のことを「hey,bro」って呼んでました笑。

 

 

始まって2時間後に、「採用するからこのまま引き続き働いて」と言われ、2時まで働くことに。帰るときに、「また明日ね、9時からだから」と言われましたが、この日の夜に、ここでは働かないことを伝えました。

 

 

理由は、時給が13ドルとちょっと低いこと、仕事中のコミュニケーションがほとんどないこと、おそらくここで働き続けても学ぶことはないかなと思いました。

 

ただ、これからCar washの仕事をすることは間違いなくないと思うので、いい経験をさせてもらえたと思っています。

 

 

そしてこの仕事のあと、コリアンレストランの面接に行ってきました。

 

店に入ると、金髪の韓国人がご飯を食べていて、「面接で来たんですけど」と言うと、「ここに座って」と言われ面接開始。良い感じの人で、給料、どれぐらい入れるか、今までの仕事の経験などについて話した以外はほとんど雑談でした。 

 

その場で採用してもらい、3日後からホールで働くことに。日本でもウェイターの経験がない僕のワクワクドキドキの初日についてはまた今度笑。

 

 

また、僕の本命の家族経営のホテルの面接についても、結果が出てから書きたいと思います。

 

では。