Kazuの自由に生きる道

オーストラリア、ワーホリ、TOEIC、英語学習、etc...

ワーキングホリデーでTOEICのスコアは上がるのか?オーストラリアでのワーキングホリデーが終わった後にTOEICを受けてみた

こんにちは。かずです。

 

前回の投稿からもう4か月以上も経ってたんですね。。。

ちょっと言い訳させていただくと、今の仕事でいくつか必要な資格を取る勉強をしてまして、今月ようやく全て取り終えました。

 

まだ取ろうと思っている資格があるんですが、ちょっと疲れたのでしばらく休んでからまた勉強開始しようと思っています笑。

 

さて、今回はオーストラリアでのワーキングホリデー後にTOEICを受けたので、その話をしたいと思います。

 

 ワーキングホリデーに対する世間のイメージ

ワーキングホリデーというと、世間的には遊んでるイメージがあって、帰国後の就活とかであまり評価がされないという話をよく聞きますよね。

その時にワーホリ後にTOEICを受けて、高得点を取ることができれば、英語力を見つけることができたという1つのアピールの要素になるのではないでしょうか。

 

ワーキングホリデーから帰国後に受けたTOEICの点数は?

早速ですが、点数をもう発表したいと思います。

僕が日本へ帰国したのは2017年8月で、TOEICを受けたのは2018年5月でした。

 

結果は。。。。。。。

 

 

 

 

 

f:id:kazu_t828:20200228161350p:plain

 

815点!

 

2年オーストラリアにいて、この点数を高いと思うかどうかは意見分かれるかもしれませんが、個人的には思っていたより高得点でした。

 

オーストラリアから帰国してけっこう経ってましたし、オーストラリア滞在中に最初に語学学校で勉強していた時以外は特に英語の勉強はしてなかったので、最低700点ぐらいは欲しいなという感じでした。

帰国後も英語の勉強は全くしていません。

 

 

ちなみにワーホリ前にTOEICを受けた時は620点ぐらいでした。

 

なので、200点ほど上がりましたね。

 

 

■ワーキングホリデーでTOEICの点数が高いと帰国後の選択肢が広がる!

TOEIC800点あれば、帰国後の就活で選択肢も広がり、

かなり良いアピールになると思います。

 

ワーホリに行っても多くの人は英語力は上がっていないとよく聞くので、TOEIC高得点を取れば、点数に対する評価もそうですが、ワーホリに行ってきちんとこの人は遊んでいただけじゃなくて、英語を勉強していたんだな、英語環境で頑張っていたんだなと評価されるのではないでしょうか。

 

 

これからワーキングホリデーに行くことを考えている人は、ワーホリ行くと間違いなく日本で得られない経験をすることができますし、世界中の友達を作って楽しい日々を過ごすことができます。

 

それだけでも、十分ワーキングホリデーに行く価値があると僕は思っていますが、大多数の人は最終的には日本に帰国すると思うので、その時に英語を身に着けているのといないとでは、選択肢が変わってくると思います。

 

ですので、是非ワーホリ中に英語の勉強、もしくは英語環境にできるだけ身を置くようにすることも意識していただけたらと思います。